水道管が破裂した際の修理料金について

寒冷地などでは冬期間にはマイナスの気温が続くことが多く、時には水道管が凍結してしまうことがあります。

水道管の凍結の恐れがある場合では、対処方法として水を落す方法や、水を蛇口から流し続ける方法などもありますが、既に凍結してしまっている状態では室内を温める方法なども効果的です。

しかし、長時間にわたって解決できない場合では、水道管が破裂してしまうことがあります。この現象は内部の水が凍結によって膨張するために起きることになり、破裂してしまうと水漏れが発生することも一般的です。

そうなると素人では解決できないトラブルとなり、破裂した部分は専門業者に修理を依頼することが必要となり、またその際の料金に関しては、破裂した場所によって大きく変わることになります。

例えば室内の見える場所にある水道管ならば、2万円程度の料金で済ませることもできますが、天井裏や床下などの隠れた場所で破裂してしまった場合では3万円から5万円程度の料金が必要とされる場合もあります。

壁の内部などを通過している水道管が破裂してしまった場合などでは高額になる可能性があり、その理由としては壁を壊す作業を必要となったり、水道管を新たに取り付ける作業に時間がかかる可能性が高くなることなどがあげられます。

基本的には水道管は一定の距離でエルボなどによって接合されていることが多く、管自体は破裂した部分だけの交換で済ませることができますが、修理を行うとなると、材料費よりも工賃が高くなってしまうことが多くあります。ですので、修理の際には料金を見て、異なる場所に設置を行う方法など、今後の対策を合わせて考えられると良いかもしれません。