水道管 凍結防止のポイントは?

建物の壁の中にある水道管や地中に埋設されている配管は基本的に凍りにくく、凍結破損することも少ないですが、屋外に露出している配管や日当たりの悪いところで風も当たるところに設置されていると凍ることがあります。まれに壁の中にあっても保温材が巻かれていない時には凍る可能性があります。

凍結防止のためには露出している水道管に、保温材や布を巻き付けその上からビニールテープで巻きつけるなどして、外気が直接影響しないようにするべきです。ホームセンターなどに専用の材料が売っているので、自分で巻きつけて対応することができます。

水道管に電熱線を巻いて凍結防止する方法もありますが、冬の間頻繁に使うことになるため、電気代が割りとかかってしまいます。凍結防止の方法に悩んだときには、上下水道工事を行っている設備業者に連絡して見てもらえば適切なアドバイスをしてもらうことが可能です。

一度凍結防止の処置をしても風にさらされるとボロボロになってしまうこともあるので、必ず冬になる前に毎年点検を行うべきです。古くて役に立たない部分は新しいものに交換し、しっかり配管がガードされている状態にしておきます。

しっかり対策をしても凍ることがあり、気温が上昇してくると自然に溶け出してきます。ぬるま湯があるのであれば水道管にかけて溶かすこともできますが、温度が高いお湯をかけると破損することがあるので、低い温度で布の上からかけるなど直接配管にかからないようにすると良いでしょう。