水道管の水漏れに気付いたら

住宅内には浴室や洗面台、トイレやキッチンなど多くの場所に水道管が設置されているものです。洗濯機などを設置している場所などにも水道管を見ることができますが、水道管から水漏れを起こしていることに気付いた場合では、その場所を特定することと同時に状態を把握した上で簡易的な対策を行うことが良い方法です。

例えば浴室の場合では水漏れが起きたとしても、そのまま排水口に流れることが多く、急を要するような処置は必要に感じない場合もありますが、水漏れが室内に及んでいる場合では、床面に水溜りができてしまうことがあります。

そのまま放置してしまうと、床面を腐食させるばかりか、床下へと水が流れ出てしまう可能性があるので、雑巾などを用意して、床面を綺麗に拭き取った上でバケツなどで落下する水を受けることも必要です。状態によっては水漏れの現象が激しいことも想定されます。

このケースでは、まず止水栓を閉めて水が水道管を流れないようにすることが大切です。特にトイレなどの狭い空間では水溜りができやすい環境になることもありますので、止水栓を操作することは基本的な作業です。

ある程度の状況確認を行うことができた場合では、水周りの工事などを行っている業者に問い合わせを行って、修理の依頼を行うと良いでしょう。

水漏れは自然に修復されることは難しいケースが多いので、できるだけ早期に修理を行うことが賢明です。専門の修理業者を選ぶ際には、24時間、即日対応などを行っている業者を選ぶと、より早いトラブル解決に役立つでしょう。