水道管の材質について

水道管の材質は昭和49年頃まで鉄管に亜鉛メッキを施した鋼管が使用されていて、腐食した亜鉛メッキが錆となり、赤水が出たりバクテリアが増殖するなど、衛生面にも好ましくない材質が使われていました。

それ以降は硬質塩化ビニルライニング鋼管という鉄管の中に、塩化ビニル管を挿入した二重構造のパイプを使用し、錆びることのない鋼管として画期的なパイプとなっていましたが、接合部に使用するネジが錆びるなどの問題と施工が難しいという点で、現在ではあまり使用されることがなくなっています。

現在は施工費用がかかるものの、錆びにくい材質としてステンレス鋼管を使用し、一部を経済性に優れたポリエチレン管で補うよう施工されています。

新しくできたマンションなどでは、この工法によって水道管が整備されていますが、錆びない耐衝撃性塩化ビニル管を使用した施工も多く、錆びない材質を使った水道設備が当たり前となってきています。

しかし錆びない水道管であっても、ヌメリやバクテリアの発生には対処しきれず、衛生面での問題はまだまだ山積みとなっています。また近年の地震発生による問題から、耐震性のある水道管を整備することが急務とされていて、断水エリアや断水日数の影響が大きい管路を優先して、耐震性を重視した水道管の施工が行われています。

これまでの地震による災害から、耐衝撃性塩化ビニル管の耐震性には難があることがわかり、現在では安定給水のために塩化ビニル管を使わず、耐震性、柔軟性、耐久性に優れたポリエチレン管が主流となっています。