水道管が凍ったら?

水道管凍結の問題について、詳しい方もいらっしゃると思いますが、そうでない方は解決法と予防法をしっかりと身につけておくと役に立つことがあるかもしれません。

まず注意点として、水道管が凍ったら、「パッキンの破損を防ぐため、無理に蛇口をひねらない」、「急な温度変化で破損してしまう可能性があるため、熱湯をかけない」を守ってください。

解決法は、凍結部分にドライヤーの温風をあて徐々に溶かしていく方法と、低温暖房部材であるカイロなどを凍結部分にあてて溶かす方法があります。もう一つは、気温が上がるお昼頃まで待つことで、自然に溶けて水道が使用できるようになります。

このように、水道管が凍ったら簡単な方法で解決することが出来ます。しかし、凍結によって水道管が破損してしまうこともあるので、そうなった時には、水道局などに連絡して下さい。解決方法も重要ですが、凍結する前に防止することも重要です。

気温の下がってくる夜中に少量の水を出しておくことで、防止することが出来ます。凍結した時のリスクを考えれば、少量の水を出し続けることくらいは、安いものだと考えます。また、水道管に毛布やタオルなどの保温できる素材を巻きつけておく事でも防止が出来ます。

水道管が凍ってしまう事で、不便になってしまう事もありますので、解決法を覚えておくときっと役に立つはずです。ただ、凍ったら対処するのではなく、防止することの方が大切なので、しっかりと防止法を実践したいところです。