破裂した水道管の修理工事の費用について

住宅にはトイレやキッチン、洗面台などいろいろな水回りの設備があります。これらの蛇口からの水漏れが起こった際などは、ホームセンターなどで部品を購入し、自分で修理を行うことができれば、専門の業者に依頼するより費用を抑えることが可能です。

住宅の水回りに関する水道蛇口の交換作業などは比較的簡単ですので、初めてで経験がなくても、ホームセンターで配られている修理のやり方を記載した無料のリーフレットなどを参考にしたり、インターネットなどで検索するなどして蛇口や水栓の構造を理解することで、自分でも修理を行うことが出来るでしょう。

しかし、この水回りの設備に水を供給している水道管のトラブルによる修理工事は個人の手で行うことは非常に困難です。水道管は壁や床などの目に見えないところに埋設されていますので、水道管の破損箇所を見つけるだけでも大変です。そのため、必要な知識がない場合は、やはり専門の業者に水道管工事を依頼される方法をおすすめ致します。

水道管のトラブルにはいろいろなパターンがあります。経年劣化による亀裂や腐食、冬の寒さで凍結し破裂することもあります。では、これらの修理工事にはどのくらいの費用が掛かるのでしょうか。

水道管の簡易凍結を修理する場合、費用は一般に1万円程度のようです。もちろん、破損箇所が作業しにくい2階の外壁付近であったり、地面をショベルカーなどの重機を用いないと作業できないなどといった場合には別途料金が必要となる場合も多く費用は当然かさみます。

その他にも、時間帯によっても異なってきます。また、壁や床などが水で濡れた場合は、水道管の修理工事意外にドアや床など建具屋さんに取替えの依頼をすることもありますので、事前に見積もりを依頼し、費用確認をしっかりと行いましょう。