水道管の凍結について

国内でも寒冷地などの場合では、冬期間に水道管が凍結してしまことがあります。マイナス気温の日が続いてしまい、室内で使用しているストーブなどの熱が行き渡らない場所などに設置されている水道管であれば、十分に凍結してしまう可能性を持っています。

そのため、寒冷地では冬期間に極めて低い気温になるような場合では、水道管凍結の注意報などがテレビなどを通じて流されることも一般的です。

注意報が発表された場合では、いわゆる水落としの作業を行うことが良い方法と言われており、その手順に関しては蛇口を全開にした状態で止水栓を閉める方法が該当しています。
この方法を行うことによって、水道管内部の水を抜くことができるので、凍結してしまうことを防ぐことが可能になります。

一方で水道管が凍結してしまった場合では、状態を見極めることが大切です。例えば蛇口から少しの水が流れる場合では、そのまま蛇口を開けておく方法で自然と解凍される可能性があります。

しかし、一向に解決できる気配がない場合には、水道管の内部で凍った水が膨張してしまうことが多く、その結果として管を破って水漏れが発生してしまうことになります。解決策としては場所によっては素人では対応できない場合が多く、水周りのトラブルなどを専門にしている業者に修理依頼を行うことが必要です。

専門業者に依頼をした場合では、多くのケースで電熱線を用いる方法で水道管を温めていき、凍結箇所を解凍する作業が行われています。